膝の痛みに対して・・

膝の痛み治療

フィジオ・リスタート ASHITAの菅原です!

膝の不調を訴えるお客様が結構いらっしゃい

ます。

膝の状態をみるうえで、大切な事は、原因を

つきとめることになります。

歩き方、動き方に原因がある場合も

ありますし、ご自身の体重も影響している

事もあります。

スポーツをやっている場合は、明らかに

スポーツのしすぎ、外力からの怪我など

があります。

あとは、腰から来る膝の痛みもあります。

膝が痛い、とおっしゃる場合に、痛みの出る

場所と、状況につじつまが合わない時も

あり、そういった場合には、腰痛でお悩みに

なっているか、またはこれまでに腰痛に

なったことがあるか、腰の背骨を実際に

触れて動かしてみたりとチェックします。

このチェックにあてはまると、腰が原因

である可能性がかなり高くなり、

それにあわせた内容で施術を行なっていきます。

この考え方で、すでにだいぶ前から

改善させて頂いた事例も、多くあります

ので、実際に整形外科クリニックで

患者様に対応させて頂いた際にも、良く

なられた方は多数いらっしゃいました。

他、中には(高校生くらい)、膝の痛み

なのに、何で腰に介入するのか、と

理解をしてくださらない事例も経験しました。

ですので、当院に来られて対応させて頂く

場合には、より細かく理解して頂けるように

骨模型や、ホワイトボードを使って、

わかりやすく説明をしております。

また、本日の動画は、膝の痛みを対応

することによって軽くなってきたお客様に

再発しないように、歩く際に必要な筋肉を

効果的に行えるセルフプログラムを説明

しているところです。

より効果的で質の高いプログラムについて

説明とチェックを行なっております。

チェックについては、一度説明を受けた

プログラムが、違う動きをされていたり

して効果が出ない事がよくありますので、

正しく行えるようになるまで、チェックが

必要になってきます。

このようにさまざまな視点から、

膝の状態を確認して、状態にあわせた

プログラムを組んでいきますので、

膝や、腰に不安がある方は、

一度、説明を受けて頂きたいと思います。

最近、少し膝の調子が‥という方には

最適です!

元気に膝の痛みから解放されるためには

適切な対応とトレーニングが必要に

なります☺️

関連記事

  1. 腰痛

    ぎっくり腰の際には・・・

  2. 柏?津田沼?便利な方で・・・

  3. ロゴについて!

  4. 自律神経と背骨と痛み

  5. ふるさと納税返礼品に登録!

  6. 自律神経、メンタル不調に‥